自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

被害者の直接請求権とは?

 

被害者の直接請求権とは、自動車事故等の賠償責任保険で法律上の損害賠償責任が発生した時に、保険会社に対して被害者が損害賠償額の支払を請求することができる権利のことを言います。

 

被害者の直接請求権は、自賠責保険と任意の対人賠償保険の両方で認められている権利です。

 

自賠責保険については自賠法に基づく権利であり、任意の対人賠償保険については、約款に基づいた請求権という違いがあります。

 

通常、自動車保険の保険金は、被保険者に保険会社への請求権があります。

 

つまり、被保険者が保険会社に請求をすることで、初めて保険金が支払われるのです。

 

自動車保険における被保険者は、基本的に加害者として賠償金を支払う側の人が被保険者となります。

 

これは、交通事故の加害者が被害者に対して支払う賠償金を補うという形で保険金が使われるからです。

 

ですから、交通事故で被害者になった場合、加害者が加入する保険会社から支払われる保険金は、加害者が請求することになります。

 

ですが、被害者の方が加害者側から支払を全く受けられないか、あるいはその一部の支払しか受けられない場合もよくあるようです。

 

このような場合に、相手側事故当事者の同意や意思確認の不能等に関係なく、被害者の直接請求権として保険会社に直接請求することが可能なのです。

 

被害者の直接請求権は、示談前でもできます。