自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

被保険自動車とは?

 

被保険自動車とは、自動車保険契約において、契約の対象となる自動車のことです。

 

車種やメーカー名や色やナンバープレート等の情報が保険証券に記載され、特定された自動車のことを言います。

 

この被保険自動車に対して起こった交通事故等の損害が、自動車保険によって補償されるわけです。

 

基本的に自動車保険は各自動車ごとに加入する場合がほとんどです。

 

一人で自動車を複数台所有していたとしても、それぞれが被保険自動車となり、所有台数分の自動車保険に加入し、保険料を支払うことになります。

 

自動車一台にかかる保険料は年間で数万円から10万円以上することもあります。

 

当然ですが、自動車を複数台所有するということは、それだけで年間で数十万円の保険料が必要になるということになります。

 

自動車を何台も所有するのは、非常にお金がかかることだということが、わかると思います。

 

少しでも自動車保険をより安くするためには、ドライバーや被保険自動車等の条件によって、細かく設定していく必要があります。

 

同じ被保険自動車といっても、通勤に使う自動車と遊びや遠出に使う自動車で乗り分けるというパターンも多いかと思います。

 

そういった利用方法に合わせて被保険自動車ごとに条件を設定していき、自動車保険料をより安くする、といったリスク細分型自動車保険が最近は増えてきましたね。