自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

物損事故調査員とは?

 

物損事故調査員とは、自動車事故が起こった場合に、保険会社から委嘱を受けて、損傷自動車の修理費等を算出する、文字通り物損事故の損害調査義務を行う専門家のことです。

 

物損事故調査員は、弁護士の指示の下、事故の加害者の代わりに物損事故の示談交渉サービスの補助業務も行っています。

 

物損事故調査員は、アジャスターと呼ばれていて、弁護士の補助業務を行なうための「物損調査員」という資格を持っているのです。

 

物損事故調査員は、社団法人日本損害保険協会にアジャスターとして登録されています。

 

アジャスターには2種類あって、「技術アジャスター」と(特殊車アジャスター」です。

 

現場での物損事故調査員の業務としては、事故車両を修理工場などで確認し、損傷部位と事故との技術的因果関係の調査をし、必要な場合には事故現場での調査も行います。

 

そして、修理見積り内容や整合性が報告の通りの事故かどうかを確認をして報告書の作成を行います。

 

さらに、保険会社から委託を受けた弁護士が示談交渉を行う場合に必要となる、事故原因・損害額の調査・示談案提示などの業務を弁護士の指示に基づき補助的に行います。

 

一般的に自動車による対物事故の被害物の殆どは自動車となります。

 

よって、殆どの場合、損傷自動車の修理費調査の専門家である技術アジャスターが物損事故調査員となって、調査や対応を行います。