自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

免責金額とは?

 

免責金額とは、契約者または被保険者の自己負担額のことです。

 

免責金額付契約の場合には、免責金額以下の損害については保険金は支払われません。

 

免責金額を超える損害については、免責金額を差引いた金額が保険金として支払われます。

 

つまり、免責金額とは、保険会社側が責任を免除される金額ということになります。

 

保険に加入している側からすれば、事故の費用を自分で負担する自腹の金額というわけですね。

 

例として、免責金額を5万円に設定していて、交通事故で自動車の修理代が30万円だった場合に、5万円が自己負担となり、残りの25万円が保険会社から支払われるということになるのです。

 

どうしてこのような制度があるかというと、免責金額を設定することで、保険会社の負担を低く抑えることができると、ドライバーが支払う保険料金も安くできるからです。

 

免責金額を0円に設定している場合に比べて、免責金額を設定している場合の方が、保険料金はかなり割安になります。

 

当然ですが、免責金額をより高額に設定すればするほど、保険料も安くなっていき、場合によっては1万円以上安くなることもあります。

 

ただし、免責金額をケチって保険料金が高くなるよりも、いくらか免責金額を設定しておいた方が、自動車保険の加入においては、コストパフォーマンスはいいと思いますよ。

 

免責金額を高額に設定すると、もし事故を起こした時に自己負担分が増えてしまうことを心配する人もいるかと思います。

 

ですが、事故は毎年起きるとは限りません。

 

一方、保険料は毎年支払う必要があります。

 

そのため、長期間で考えると保険料を安くする効果が大きくなります。

 

万一への補償を手厚くしたことによって、保険料の負担が増えてしまって家計を圧迫するようでは本末転倒です。

 

個人によっても考え方は異なりますが、事故の時に10万円程度は自己負担で支払える人には、負担できる範囲でできるだけ大きい金額に設定しておくことをオススメします。

 

ちなみに、免責金額には、増額方式と定額方式の2つの設定方法があります。

 

<増額方式>

 

1回目の事故よりも2回目の事故における免責金額が高くなる。

 

例えば、「0−10万円」という設定では、「1回目の事故の免責金額0円(なし)、2回目以降の事故の免責金額は10万円」という意味になります。

 

<定額方式>

 

事故の回数に関わらず一定金額が免責金額となる。

 

例えば、「5−5万円」という設定では、「1回目の事故も2回目以降の事故も免責金額5万円」という意味になります。

 

もちろん、免責なし「0―0円」という契約をすることもできます。

 

ただし、この場合の保険料は割高になります。