自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

被保険自動車の入替における自動担保特約とは?

 

新しく自動車を購入した時に、前の自動車を廃車にしたり、譲渡された契約の自動車との入替をしたりしますよね。

 

この手続きを「車両入替」と言います。

 

車両入替の手続きをしないまま、新しい車を運転すると、万が一の場合に補償を受けることができません。

 

このような事態を回避するために、「被保険自動車の入替における自動担保特約」があります。

 

被保険自動車の入替における自動担保特約とは、所定の条件を満たしていれば、新たな自動車の取得日から30日以内に入替手続きすることにより、取得日から入替の承認をするまでの期間については、新たな自動車を契約の自動車とみなして補償するという特約のことです。

 

被保険自動車の入替時には、自動車の取得と保険の切り替えの2つの異なる手続きが発生しますが、この2つの手続きにはタイムラグが発生することがあります。

 

もし、新しい自動車を運転中に事故に遭った場合、保険の切り替え手続きが終了していないと、補償を受けられなくなってしまいます。

 

そうならないために、この自動担保特約があるのです。

 

この特約に加入していれば、もし、古い自動車に車両保険が付帯されている場合は、新しい自動車の市場販売価格相当額にて補償されるので、新車に乗り換えた場合の事故においても、ちゃんと相当額の車両保険が支払われるので安心できます。

 

つまり、ついうっかりして車両入替手続きを忘れても、被保険自動車の入替における自動担保特約でカバーしてくれるというわけです。

 

ただし、新しい車を取得した日の翌日から起算して30日を過ぎると補償は受けられませんので注意しましょう。

 

その他にも被保険自動車の入替における自動担保特約には以下の条件があります。

 

・入替前の保険契約車両を廃車、譲渡または返還した場合で、その代替として新たに同一の用途・車種の自動車を取得していること。

 

・新たに取得した自動車が入替前の保険契約車両と所有者が同一、または記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族であること。

 

自動車の所有者が他人になってしまう場合や、車種が自家用車でなくなるケースなど、そもそもの自動車保険の契約が変わるような所有者、車種の変更の場合には適応されません。

 

ちなみに、新しい自動車への保険手続きの切り替え手続き中に、古い自動車で事故を起こしてしまった場合には補償対象外となりますので注意が必要です。