自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

運転者本人限定特約とは?

 

運転者本人限定特約とは、契約する自動車で万が一交通事故が起きた場合の補償の対象となる運転者を、記名被保険者本人に限定としてしまうことで、保険料を割引するという特約のことです。

 

対象となる運転者を限定するのが運転者限定特約で、種類としては、運転者本人限定特約、運転者本人・配偶者限定特約、運転者家族限定特約などがあります。

 

本人限定特約が運転者限定特約の中では一番割引率が高く、保険会社によってまちまちではありますが、5.5%割引しているところもあるようです。

 

考えてみればわかりますが、交通事故を起こす確率は、運転する人が多ければ高まります。

 

一台の自動車でも、一人だけが運転するのと家族みんなで共用するのとでは、交通事故が起きる可能性は全然違ってきますよね。

 

当然ですが、運転者限定特約を付帯すると保険料は割引されて安くはなりますが、もし、限定者以外の誰かが運転した場合の交通事故は補償の対象外となります。

 

ただ単に、自動車保険料を安くしたいがために運転者本人限定特約を付帯するのではなく、現実的に誰が被保険自動車を運転する可能性があるのかを見極めてから契約してくださいね。

 

また、逆に、手持ちの自動車保険証に記載されている運転者本人限定特約などの運転者限定特約の内容が、今の自分の現状と合っているのかどうかということも確認しておくといいでしょう。