自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

運転者年齢条件特約とは?

 

運転者年齢条件特約とは、自動車保険で運転者の年齢を限定することによって、事故発生率の高い若年の運転者を除外して危険を縮小することにより、保険料の負担を少なくするという特約です。

 

運転者年齢条件特約を付帯することが、自動車保険を安くするために一番効果的な方法です。

 

割引率が高いということが運転者年齢条件特約の特徴です。

 

自動車事故を起こす確率は、10代がもっとも高く、その次に20代が高くなっています。

 

ということは、10代と20代の若年の運転者を補償範囲外にすることで、自動車保険の保険料を安くすることができるということです。

 

各自動車保険会社によって違いはありますが、運転者年齢条件特約は大きく4つに分けられています。

 

まず、割引がない全年齢担保、続いて21歳未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保の順に割引率が大きくなっていき、保険料は安くなっていきます。

 

運転者年齢条件特約においては、30歳未満の方が被保険自動車を運転することがなければ、30歳未満不担保で契約することになります。

 

割引率も大きくなり、全年齢担保と比べると半分ほどになる場合もあるようです。

 

自分の保険証を一度確認してみて、運転者年齢条件特約がどうなっているかを見てみてください。

 

もし、家族の中で自動車を運転する人がある一定以上の年齢以上になっていたならば、運転者年齢条件特約の担保年齢を変更して、少しでも自動車保険料を安くしてくださいね。