自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

医療保険金特約とは?

 

医療保険金特約とは、搭乗者傷害保険を付帯した場合に付ける特約です。

 

交通事故にあった時に、入院・通院に掛かった費用の受け取れる日額保険金を減額する代わりに、その分、契約者が支払う保険料を安くすることができるという自動車任意保険の特約のことです。

 

例えば、 交通事故に遭った場合の入院や通院費用の受け取れる日額保険金を、入院1日当たり1万5000円を1日7500円に減らすことによって、保険料を安くする、といった感じです。

 

また、ある自動車保険会社では、医療保険金特約を「日額払いタイプ」と「部位症状別払いタイプ」に分けているところもあるようです。

 

医療保険金特約の「日額払いタイプ」は、交通事故によるケガの治療で入院、通院した場合に支払われるというものです。

 

入院は1日につき保険金額の0.15%で限度額1日1万5000円まで、通院は保険金額0.10%で限度額1日1万円までと定められています。

 

医療保険金特約の「部位症状別払いタイプ」は、ケガの症状別に、あらかじめ補償金額が設定されています。

 

ですから、ケガをした場合に、即、支払ってもらえます。

 

頭部の打撲なら5万円、手の打撲なら1万円というように、部位・症状別に支払い金額が設定されているのです。

 

医療保険金特約も、各自動車保険会社によって内容が違いますが、自動車を運転する時はいつも一人で、ほとんど同乗者はいないという人や、また他の保険で傷害保険などに加入しているので、入院や通院時の補償は十分カバーできる、というような人は医療保険金特約を付帯するメリットがあります。