自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

盗難代車費用担保特約とは?

 

盗難代車費用担保特約とは、被保険自動車が何者かによって盗難にあった場合に、ある一定の期間、レンタカーや代車等の代替交通手段を利用するための費用が補償される特約のことを言います。

 

普通の場合、車両保険に加入していれば、盗難時の費用は補償されることになっています。

 

ですが、車両保険の中でも一般車両保険ではなく、エコノミー車両保険に加入している場合は、盗難時に掛かった費用は対象外となってしまうのです。

 

このような自動車保険の加入の仕方をしている場合には、必要で意味のある特約となります。

 

盗難でない場合の代車費用担保特約もあります。

 

この特約の場合は、交通事故に遭った場合の代車やレンタカーの費用を保障する特約ですので、盗難の場合には費用の補償はありません。

 

ですから、盗難代車費用担保特約と代車費用担保特約は区別して考えてください。

 

そして、気になる盗難代車費用担保特約の補償範囲ですが、通常、30日を限度として、1日当たり約3,000円ほどが支払われることになっているようです。

 

盗難代車費用担保特約を取り扱っていない自動車保険会社もあるようですし、補償内容や範囲が異なる場合もあります。

 

また、自動車保険保険会社によっては、車両保険の種類に関わらず、盗難時に必要となった費用が補償される場合もありますので、自分の保険証をよく見て確認しておいてください。