自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

自損事故傷害特約とは?

 

自損事故傷害特約とは、単独自動車事故で相手がいない場合に、自賠責保険の支払い対象とならない運転者・所有者の死亡・ケガ・後遺障害に対して保険金が支払われる特約です。

 

この特約は過失割合が100%で、全て自分が悪い事故の場合に効果を発揮する保険です。

 

ガードレールや電柱に衝突したり、崖から転落したりなどの運転操作ミスによる単独事故場合は、同乗者のケガや死亡については自賠責保険から保険金が支払われることになります。

 

ですが、運転者自身は自賠責保険の対象にはならないので、こういうような場合に備えて付けておくと意味がある特約です。

 

自損事故傷害特約は、特約としては意味があるのですが、自損事故傷害保険が、殆んどの場合、「対人賠償保険」を契約すると自動的にセットされてくるので、特に自損事故傷害特約だけを新たに加入するという必要はありません。

 

自損事故傷害特約は、任意保険に人身傷害保障が付いていない場合に、対人賠償保険に自動的に付帯されます。

 

もし、被保険自動車が単独事故や100%過失のある事故を起こしてしまった場合に、この特約で保険金が支払われるという、いうなれば、穴埋め的な保険になります。

 

もし、任意保険に人身傷害保障保険が付いていないようでしたら、確認してみて下さい。