自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

対歩行者等事故傷害補償保険特約(対歩行者傷害補償特約)とは?

 

自動車事故により、歩行中の人や自転車に乗っている人や相手自動車の同乗者を死傷させてしまったと仮定します。

 

対人賠償保険の支払い対象となるのは、こちらに過失がある部分だけとなります。

 

被害者の過失部分に相当する損害は、対人賠償保険では支払う必要はないのですが、その部分を保険金として支払うのが、対歩行者等事故傷害補償保険特約(対歩行者傷害補償特約)です。

 

対歩行者等事故傷害補償保険特約を付けることができるのは、人身傷害補償保険に加入していることが条件となります。

 

また、加害者側に法律上の損害賠償責任が全く発生しない場合など、対人賠償保険が免責や無責となるような交通事故については支払いの対象とはならないので注意してください。

 

要するに、対歩行者等事故傷害補償保険特約とは、歩行者や自転車による通行者を巻き込んだ対人事故被害者が起きた場合に、仮に加害者側に損害費用を全額支払う必要がない場合でも、被害者に対しての損害額を全額補償するための特約です。

 

ある意味、歩行者や自転車通行者のために、わざわざ付けてあげている、思いやりのある特約とも言えます。