自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

車両危険限定担保特約(A)とは?

 

車両危険限定担保特約(A)とは、車両保険の補償範囲を狭く限定することで保険料を安くするという内容の特約です。

 

車両危険限定担保特約(A)では長すぎるので、省略して、一般的には「限定A」と言うことが多いようです。

 

車両危険限定担保特約(A)の「A」は、「Accident(アクシデント、災難)」を意味するものです。

 

(B)や(C)があるわけではありません。

 

車両危険限定担保特約(A)で補償されるのは、基本的には自動車を道路などで走行させていない場合の偶然の損害で、火災・爆発・盗難・落書き・浸水・落下中との衝突など、ある程度限定されたアクシデントによって自動車が損害を受けた時のみに補償される保険です。

 

ですから、車両危険限定担保特約(A)は、一般の車両保険よりは安い保険料となります。

 

もし、車同士の接触事故や衝突事故も補償範囲にしたい場合は、エコノミー車両保険をプラスして、「エコノミー+限定A」という契約にするのがいいでしょう。

 

ここで言うエコノミー車両保険は、自動車対自動車の接触事故などにのみ保険金が支払われるという保険です。

 

各自動車保険会社によって違いはありますが、エコノミー車両保険や車両危険限定担保特約(A)をそれぞれ単独で付けることは少なく、「エコノミー+限定A」のセットでのみ付けることが多いようです。