自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

車両価額協定保険特約とは?

 

交通事故に遭って自動車が損害を受けた場合、修理費用を車両保険で支払うことになると思います。

 

ここでは、その車両保険の特約の車両価額協定保険特約について説明していきます。

 

車両価額協定保険特約とは、自動車保険の契約締結時に被保険自動車と同一の、用途・車種・車名・消耗度、の車の市場販売価格相当額を車両保険金額に決めてしまうという特約のことです。

 

通常は、車両保険金額は年月と共に下がっていくものですから、この車両価額協定保険特約を付けることによって、車両保険金額を高額のまま維持できるというメリットがあります。

 

そして、被保険自動車が交通事故で損害を受けた場合には、この車両保険金額を限度として保険金が支払われることになります。

 

車両価額協定保険特約を付けている場合、契約締結時に市場販売価格相当額が300万円だとすると、1年後に全損事故を起こしてしまっても、300万円までが保証されます。

 

車両価額協定保険特約を付けていない場合、1年後に全損事故を起こしてしまった場合、市場販売価格相当額が150万円まで下がっていれば、150万円までしか保証されないのです。

 

ですから、高額な自動車を新車で買った場合などに車両価額協定保険特約を付けておけば、万が一の時に全損で自動車の価値が下がっていたとしても、契約時の評価額で保険金が支払われるので、同価格の自動車に買い換えることができるというわけです。