自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

原付特約(ファミリーバイク特約)とは?

 

もちろん、原付に乗っている時でも交通事故の可能性はあります。

 

いざという時のために、原付でも保険に入っておきたいものです。

 

原付特約(ファミリーバイク特約)は、125cc以下の原付バイクを持っている人で、自動車保険のSAPやPAPに加入している人が付けることができる特約です。

 

原付特約は、正式には原動機付自転車に関する賠償損害担保特約という名称ですが、原付特約と呼ばれるのが一般的です。

 

原付特約の内容は、被保険者が125ccまでのバイクで対人事故、または対物事故を起こしてしまった場合、自動車保険のSAPやPAPに加入している条件と同じ条件で相手に損害を賠償することができるというものです。

 

契約者とその家族が所有するバイクなら無制限で承認され、他人から借りたバイクでも125ccまでならすべてが保険の対象となるところが原付特約の特徴です。

 

注意点としては、原付特約は、搭乗者傷害保険が補償内容から除外されているということです。

 

SAPやPAPなどの主契約に搭乗者傷害保険が付いていたとしても、バイクの運転者や同乗者のケガについては補償されないのです。

 

通勤や通学などでバイクをよく運転していて、転倒事故によるケガが心配な人は、バイク用の搭乗者傷害保険や交通傷害保険に加入しておいた方がいいでしょう。