自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

人身傷害補償特約とは?

 

一般的な交通事故の場合、信号待ちの停車中の自動車に突っ込んだような特殊な場合を除き、双方に責任があるとされ、損害額は全額支払われることはありません。

 

この場合、自身が加入する保険からの補償がない場合、ケガの治療費を自ら負担しなければならなくなってしまいます。

 

そこで登場したのが人身傷害補償保険です。

 

人身傷害補償特約とは、記名被保険者とその家族が契約している自動車の事故で死傷した場合に、その過失責任の割合に関係なく、被る損害について実際にかかった治療費や逸失利益や精神的損害などの損害額の全額を補償する特約のことです。

 

人身傷害補償特約の被保険者は、記名被保険者の運転する自動車に搭乗中の事故については、搭乗者全員が対象になるところが特徴です。

 

さらに、記名被保険者については、自動車事故については、歩行中などの殆どの場合に適応されます。

 

人身傷害補償保険そのものは、最近できた保険商品です。

 

人身傷害補償保険が販売される前は、相手からの補償が望めない場合には、ごくわずかの限られた補償に頼るのみでした。

 

人身傷害補償特約は、発売当初は特約としての位置づけされていました。

 

ですが、現在では、各自動車保険会社の総合型自動車保険の基本要素として自動的に組み込まれることが普通になってきました。