自動車保険の評判・口コミガイド|損しない為の自動車保険の選び方

弁護士費用等担保特約とは?

 

弁護士費用等担保特約とは、自動車事故の場合、人身被害事故で、死亡・後遺障害・ケガによる入院や通院などの被害を受けた時に、加害者である相手方との示談交渉を弁護士に依頼する場合、調停・民事裁判になった場合に必要な訴訟費用や弁護士費用を負担してくれる特約のことです。

 

例えば信号待ちで停車していたら、相手が前方不注意や居眠り運転で、後ろから突っ込まれてしまった事故の場合です。

 

過失割合は0:100で、相手が100%悪いことになります。

 

通常では、事故の相手側に100%過失がある場合には、こちらが加入している自動車保険には関係ありませんので、自分で損害賠償請求を行わなければなりません。

 

この時、相手がちゃんとケガの治療費や車の修理代を支払ってくれれば問題ないのですが、中には、自分が100%悪いにもかかわらず、きちんと支払わなかったり、まともに応対しようとしない悪質な人もいるのが現実です。

 

こういう時に素人が示談交渉などを行うのは難しいでしょう。

 

このように、示談に向けての話がうまく進まず、弁護士にお願いして交渉してほしいというような場合に弁護士費用等担保特約が利用できます。

 

この弁護士費用等担保特約は、最近出来た特約です。

 

仮に付けた場合の保険料は、せいぜい年間で1,000円〜2,000円程度です。

 

先ほどの例のような場面では効果を発揮しますので、興味があれば検討してみて下さい。